日本で唯一!ランサムウェア完全駆除

未知のランサムウェア完全対応

このような症状でお困りではありませんか?
  • 再感染、再暗号化が不安なので、スペシャリストに確認してもらいたい。
  • 今までの業者さんは専門外
  • どのパソコンが感染しているか分からない
  • 対策方法や対策機器を導入したい
  • 出来ればデータも元に戻したい

埼玉データ復旧センター3つの特徴

見積無料

見積無料

見積は無料になります。(出張費別途にて、全国出張可能です。)
当NPO法人のサービスは法人・個人を問わず、承っております。
お気軽にご連絡ください。
感染してしまった場合は、決して慌てずに私どもへ連絡してください。

フリーダイヤル:0120-60-40-70
電話受付:9時〜22時(年中無休) (緊急時は24時間電話受付)

駆除保障

駆除保障

作業より3日以内に同一ウイルスの活動が発見された場合は、無料にて
再駆除致します。
※再感染の場合は料金が発生致します。

ランサムウェアを熟知したプロが対応

ランサムウェアを熟知したプロが対応

ランサムウェアと5,000時間以上駆除、又は研究したプロが対応。
ラボにて日夜研究された、最新の研究を元に完全削除致します。


料金・出張等について
駆除料金 1名分(通常は2名にて行動)
コース名 拡張子 料金 50台以内 料金 50台以降
Crypt0L0cker encrypted 17万円 17万円+1台に付き2,000円
Cerber cerber 25万円 15万円+1台に付き2,000円
CryptoXXX crypt、cryp1 25万円 15万円+1台に付き2,000円
TeslaCrypt mp3、micro、変更なし 20万円 20万円+1台に付き2,000円
CryptoWall 変更なし、ランダム 20万円 20万円+1台に付き2,000円
Locky locky 25万円 25万円+1台に付き2,000円
出張料金 1名分(通常は2名にて行動)
北海道 北東北 南東北 関東 信越 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
北海道 青森県
秋田県
岩手県
宮城県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
神奈川県
東京都
新潟県
長野県
静岡県
愛知県
三重県
岐阜県
山梨県
富山県
石川県
福井県
大阪府
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
兵庫県
岡山県
広島県
山口県
鳥取県
島根県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
依頼時間帯により異なります。お見積にて。

料金・出張等の特典

データ復号化はコチラ

ランサムウェアとは

 ランサムウェア(Ransom ware)とは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)の一種で、ユーザーのデータやファイルを暗号化することで「人質」にとり、データの修復のために「身代金」(ransom)を支払えと要求するコンピュータウイルス全般を指します。
このウイルスに感染すると、コンピュータのシステムへのアクセスが制限されてしまいファイルが開かない状態にされてしまったり、ファイルが暗号化されてしまうなど、ユーザーがシステムを使用できない状態にされてしまいます。そしてユーザーに対してシステムを修復するために身代金を支払えというメッセージを発信してくるというものです。代表的なランサムウェアとしては、2005年5月に発見された「GPCode(PGPcoder)」や、2006年3月に発見された「Cryzip」などがあります。
ランサムウェアは多くの場合、電子メールに添付されている実行ファイルをダウンロードしてしまうことで感染します。また、メッセージツールやウェブサイト上のURLをクリックした際に感染してしまうこともあります。中にはウェブサイトにアクセスした段階でインストールされてしまうものも存在します。

 近年のサイバー犯罪の増加に伴って、ランサムウェアの被害報告も急増しています。セキュリティソフトウェア企業のマカフィーの公表では、2013年の第1四半期において25万個以上におよぶランサムウェアのサンプルが収集されています。この数はちょうど一年前の2012年の第1四半期から2倍以上に増えているのです。
また、当初は海外からの報告のみでしたが、最近では日本国内でもランサムウェアが広まりつつあります。2015年4月17日には、日本語のランサムウェアが確認されており、セキュリティ各社が警告を発しています。このウイルスに感染すると、デスクトップ上に「お客様のファイルをCryptowall 3.0(HELP_DECRYPT)ウイルスによって暗号化しました」という日本語のポップアップが大きく表示されます。続いて「お客様のファイルをもとに戻すには、お支払いが必要となります。お支払いのない場合、ファイルは失われます。」として、ファイルを読めなくし、お金を払えと脅すものでした。「支払いはこちら」と書かれたリンクのジャンプ先は、匿名接続が可能なTor(トーア)上のウェブサイトとなっており、要求額は2.2ビットコイン(現在2015/06/07の為替レートで約6万6000円)と表示されています。匿名ネットワークを使い、支払いも追跡されにくいビットコインを使い支払いをさせ、犯人の身元を隠すしくみを使う巧妙な手口で何度も支払いをさせたあげく、ファイルは帰って来ません。また、近年はCryptowall 3.0の亜種であるrestore_files_を作成し、拡張子を
.abcや.xxxに変更させてししまう物まで存在致します。

 ランサムウェアの被害を防ぐための手段としては、信頼できないソフトウェアを実行しないことや、不用意に知らない宛先の電子メールの添付ファイルを開かないこと。Webサイト上のリンクを安易にクリックしないことが挙げられます。しかし、万が一感染してしまった場合は、たとえお金を支払ってもデータやファイルが修復される保証はありません。シマンテックでは「けっして身代金を支払わない。支払っても攻撃者が約束通りにファイルを復号してくれる保証はありません。」と感染者向けの注意を発しています。感染してしまった場合は、決して慌てずに私どもへ連絡して頂く事で、データを取り戻せる機会も増えます。

まずはお気軽にご相談ください。

ページトップ